社民、普天間対処方針に了承せず 福島氏「明確に反対」(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者行政担当相は16日、政府が月内に閣議了解する方針の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する対処方針について、了承しない考えを示した。対処方針は、同県名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部周辺に代替施設を造る案が柱になる見通しだ。

 福島氏は、宮崎市で記者団が閣議了解できないのかと質問したのに対し「はい、その通り。新たに沖縄への負担や犠牲を強いることはできない」と表明。「沖縄の海をつぶして新たな基地を造ることには社民党は明確に反対だ」と強調した。

【関連記事】
早期幕引き狙うが…首相と小沢氏が背負う重い「責任」
銀座で「基地ノー」 徳之島出身者がデモ行進
内閣支持率19.1%「国民がいらだちを強めておられる」
谷亮子、スポーツ担当相で入閣か…鳩山“起死回生”衝撃策
首相、長いわりにはさっぱり分かりません。
少子化を止めろ!

賞味期限切れ菓子5箱、1か月間にわたり販売(読売新聞)
MOX燃料加工工場に許可 核燃料サイクルつながる(産経新聞)
<無煙たばこ>東京限定発売 「一服」認める?分かれる対応(毎日新聞)
体内にガーゼ25年間放置=腹部手術でミス―長崎市民病院(時事通信)
囲碁 羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局(毎日新聞)
[PR]
by u3jujtjpgj | 2010-05-20 00:44
←menuへ