「筋力弱い」鑑定結果提出=勝木被告の弁護側−千葉女児殺害(時事通信)

 千葉県東金市で2008年9月、保育園児成田幸満ちゃん=当時(5)=が殺害された事件で、殺人などの罪で起訴された無職勝木諒被告(22)の弁護側は25日、「(勝木被告の)筋力は大変弱い」「自白に任意性がない」などとした専門家5人の鑑定書を、千葉地裁と千葉地検に提出したことを明らかにした。
 主任弁護人の副島洋明弁護士が、千葉地裁(栃木力裁判長)での第8回公判前整理手続き後に都内で記者会見。公判で無罪主張する方針を明らかにするとともに、鑑定書提出について触れた。 

【関連ニュース】
指紋の鑑定書を証拠請求=「線の数合致せず別人」
指紋「被告と不一致」=弁護側鑑定
「悲しみ全く変わらず」=千葉女児殺害から1年、母が手記
勝木被告、無罪主張へ=「自白は誘導、犯人でない」

小沢氏聴取、早期実現を=鳩山首相(時事通信)
バイクで信号無視、容疑で大阪・岸和田の高校生逮捕(産経新聞)
「いのちの塔」散り急ぎ? 花博シンボル、3月末で営業休止 鶴見緑地(産経新聞)
自民3議員が鳩山邦夫氏の党政倫審開催を要求(産経新聞)
秋葉原無差別殺傷 あす初公判 責任能力、どう判断(産経新聞)
[PR]
by u3jujtjpgj | 2010-01-28 13:36
←menuへ